【PHP】関数一覧

このページは、PHPの関数解説記事を一覧でまとめました。
各関数に簡単なサンプルプログラムも載せています。
ご参考になれば幸いです。
(使い方が複数ある関数は、最もシンプルなものを載せています)

a

aの章では

  • array関数
  • array_key_exists関数
  • array_map関数
  • array_merge関数
  • array_push関数

をまとめています。

array関数

array関数とは、配列を初期化する関数。

array_key_exists関数

array_key_exists関数とは、指定された文字列のキーが配列に存在すればtrue、なければfalseを返す関数。

array_map関数

array_map関数とは、引数に指定された配列の各要素に関数を適用させてできた配列を返す関数。

変数resultには

の配列が返される

array_merge関数

array_merge関数とは、引数に設定されている配列をすべて結合した配列が返される関数。

変数resultには

の配列が返される

array_push関数

array_push関数とは、指定された配列の最後に設定されている値をすべて追加し、追加後の配列の要素数を返す関数。

変数sampleは

という配列になっている。

b

bの章では

  • base64_decode関数
  • base64_encode関数

をまとめています。

base64_decode関数

base64_decode関数とは、引数に指定された文字列をbase64方式でデコードした文字列を返す関数。

base64_encode関数

base64_encode関数とは、引数に指定された文字列をbase64方式でエンコードした文字列を返す関数。

c

cの章では

  • compact関数
  • count関数

をまとめています。

compact関数

compact関数とは、引数に指定した変数名をキー、その変数の値を値とする連想配列を作成して返す関数。

変数resultには

の連想配列が返される

count関数

count関数とは、引数に指定された配列の要素数を返す関数。

e

eの章では

  • empty関数
  • explode関数

をまとめています。

empty関数

empty関数とは、引数に指定された配列が空であればtrue、空以外であればfalseを返す関数。

explode関数

explode関数とは、指定した区切り文字で文字列を分割した配列を返す関数。

変数resultには

という配列が返される。

i

iの章では

  • implode関数
  • in_array関数
  • is_array関数
  • is_null関数
  • isset関数

をまとめています。

implode関数

implode関数とは、引数に与えられた配列の要素をインデックスの順番通りにすべて連結して文字列を返す関数。

in_array関数

in_array関数とは、配列に指定した値があればtrue、なければfalseを返す関数。

is_array関数

is_array関数とは、引数に指定された変数が配列であればtrue、配列以外であればfalseを返す関数。

is_null関数

is_null関数とは、引数に指定された変数がnullであればtrue、null以外であればfalseを返す関数。

isset関数

isset関数とは、引数に与えられた変数が宣言されているか、宣言されているならばNULLであるかをチェックしてその結果をboolで返す関数。

返り値は以下。

宣言していない場合 false
宣言され、かつ、値がnullの場合 false
宣言され、かつ、値がある場合 true

上記の例だと、変数resultにはfalseが返される。

m

mの章では

  • mb_strlen関数

をまとめています。

mb_strlen関数

mb_strlen関数とは、引数に指定された文字列の文字数を返す関数。

p

pの章では

  • parse_url関数

をまとめています。

parse_url関数

parse_url関数とは、引数に指定された文字列をURLとし、URLの構成要素ごとに分解して返す関数。

変数resultには

の連想配列が返される。

s

sの章では

  • strtoupper関数

をまとめています。

strtoupper関数

strtoupper関数とは、引数に指定された小文字を大文字に変換した文字列を返す関数。

t

tの章では

  • trim関数

をまとめています。

trim関数

trim関数とは、引数に指定した文字列の先頭と末尾から空白を削除した文字列を返す関数。

u

uの章では

  • unset関数

をまとめています。

unset関数

unset関数とは、引数に指定した変数や配列の特定の要素の割当を削除することができる関数。

タイトルとURLをコピーしました