【PHP】配列の要素を逆順にするarray_reverse関数を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPで配列の要素を逆順にするarray_reverse関数について

  • array_reverse関数とは
  • array_reverse関数を使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
XAMPPのバージョン 8.0.3

PHPを動かすためにXAMPPを使っています。
XAMPPのインストールは、下の記事をご参考ください。

array_reverse関数とは

array_reverse関数とは、引数に指定した配列の要素を逆順にした配列を返す関数です。

array_reverse関数の使い方は以下になります。

指定した引数は以下の意味をします。

第一引数(必須) 逆順にしたい配列
第二引数(任意) キーが数値の場合保持するかどうか
デフォルトはfalse
キーが文字列だった場合、常に保持

第二引数の意味はキーが数値だった場合、キーも逆順にするか、を設定します。
trueを設定している上記のサンプルだと、変数resultには

とキーも値も逆になった配列が返されます。

false、もしくは設定していない場合は

と、キーはそのままで値のみ逆順の配列が返されます。

もしキーが文字列だった場合は、第二引数を設定しようがしまいが常にtrueを設定しているのと同じになります。

では、次の章で実際に使ってみます。
サンプルプログラムは

  • 第二引数を指定しない場合
  • 第二引数を指定した場合

の2パターンで実行確認をします。

2パターンともphpプログラムは

C:\xampp\htdocs

配下に、【array_reverse_sample.php】というファイル名で格納しています。

array_reverse関数で第二引数を指定しないケースを解説するプログラムの概要

array_reverse関数を解説するプログラムでは、

  • 配列
  • 連想配列

の2パターンでarray_reverse関数を使い、結果を表示して比較します。

PHPサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/array_reverse_sample.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。


配列はキーがそのままで値が逆順、連想配列はキーも値も逆順になっていることが確認できました。

array_reverse関数で第二引数を指定したケースを解説するプログラムの概要

array_reverse関数を解説するプログラムでは、

  • 配列
  • 連想配列

の2パターンに対してarray_reverse関数をtrueとfalseでそれぞれ使い、結果を表示して比較します。

PHPサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/array_reverse_sample.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。


配列はキーは指定した通りに、連想配列はtrueを指定してもfalseを指定してもキーも値も逆順になっていることが確認できました。

まとめ:array_reverse関数を使ってみよう!

以上がarray_reverse関数についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました