【PHP】変数がnullかどうかをチェックできるis_null関数を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPで変数がnullかどうかをチェックできるis_null関数について

  • is_null関数とは
  • is_null関数を使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境

この記事では、PHPを動かすためにXAMPPを使っています。
XAMPPのインストールは、下の記事をご参考ください。

PHPのバージョンは、【7.4.6】です。

is_null関数とは

is_null関数とは、引数に与えられた変数がnullかどうかをチェックできる関数です。

is_null関数は下記のように使います。

返り値の場合分けは、下記の通りです。

変数に値が設定されている場合 false
変数に空が設定されている場合 false
変数にnullが設定されている場合 true

上記の例だと、変数resultにはfalseが返されます。
では、次の章で実際に使ってみます。

is_null関数を解説するプログラムの概要

is_null関数を解説するプログラムでは、

  • 変数に値が設定されている場合
  • 変数に空が設定されている場合
  • 変数にnullが設定されている場合

の3パターンでis_array関数を使い、結果を表示させます。
phpプログラムは

C:\xampp\htdocs

配下に、【isnull.php】というファイル名で格納しています。

PHPサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/isnull.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。

変数がnullかどうかでチェックできていることが確認できました!

まとめ:is_null関数を使ってみよう!

以上がis_null関数についての解説でした!

is_null関数は、変数がnullかどうかをチェックするときとても便利なので、ぜひ使ってみてください!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました