【Postman】基本的な使い方を解説します

Postman

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事ではPostmanの基本的な使い方を解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Postmanのバージョン 8.6.2

Postmanを使うためのAPI

この記事ではPostmanを使うためのAPIは、【Laravel】で作成しています。
プログラムの内容は以下になります。

このAPIは、クエリ文字列から値を取得し、jsonで返しているAPIです。

LaravelでAPIの実装とクエリ文字列から値を取得するやり方については、こちらの記事をご参考ください。

Postmanの基本的な使い方を解説

Postmanの基本的な使い方を解説します。

Postmanを起動し、左のバーにある【Workspaces】を選択します。

【Your Workspaces】という画面に変わります。
ここでWorkspacesを選択します。
この記事では、【My Workspace】を選択します。

選択したWorkspaceの画面に変わります。
ここでAPIをテストすることができます。
【New Collection】を選択します。

初めて選択した場合は、

This collection is empty
Add a request to start working.

と表示されています。
リンクの部分の【Add a request】を選択します。
すでに作ってある場合は、任意のリクエストを選択します。

表示されたリクエストでAPIをテストするための設定をすることができます。
ここでいろいろ設定していきます。

下の画像の赤枠は、表示しているリクエストの名前を設定することができます。
後から変更することもできますので、適当な名前でOKです。
この記事では【test】という名前にします。

下の画像のドロップダウンリストで、リクエストメソッドを指定します。
この記事では、【GET】を指定します。

リクエストメソッドの右の欄にAPIをテストするURLを指定します。
この記事では【http://localhost:8000/api/sample】を指定します。

クエリ文字列を指定するときは【KEY】【VALUE】に指定します。
指定すると、先ほど指定したURLに自動で追加されます。
クエリ文字列の左のチェックボックスにチェックが入っているか確認してください。
チェックがないと、指定したクエリ文字列が無効となってしまうからです。
この記事では

KEY VALUE
1つめ morning おはよう
2つめ noon こんにちは

を設定します。

これでAPIをテストするための基本的な設定は完了です。
URLの右にある【Send】ボタンを押します。
押すと、このようにレスポンスが返ってきます。
HTTPステータスは、ネットワークの右横に書いてあります。

まとめ:Postmanを動かしてみよう

以上がPostmanの基本的な使い方の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました