【PHP】base64でデコードできるbase64_decode関数を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPで文字列エンコード方式のbase64でエンコードされた文字列をデコードすることができるbase64_decode関数について

  • base64_decode関数とは
  • base64_decode関数を使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境

この記事では、PHPを動かすためにXAMPPを使っています。
XAMPPのインストールは、下の記事をご参考ください。

PHPのバージョンは、【7.4.6】です。

base64_decode関数とは

base64_decode関数とは、以下のように引数を指定し、指定した文字列をbase64方式でデコードした文字列を返す関数です。

第一引数(必須) デコードしたい文字列
第二引数(任意) base64の範囲外の文字が含まれているかをチェックするbool

次章から

  • 第二引数を設定しない場合
  • 第二引数を設定した場合

のそれぞれを解説します。

第二引数を設定しない場合

第二引数を設定しない場合の使い方サンプルは下記になります。

上記のサンプルだと、resultには「44OG44K544OI」をデコードした「テスト」という文字列が返されます。

第二引数を設定した場合

第二引数を設定した場合の使い方サンプルは下記になります。

第二引数を指定することで、第一引数に指定された文字列がbase64の範囲外の文字が含まれているかをチェックします。
もし指定しなかった場合、デフォルトでfalseが指定されています。
base64に含まれる文字列は

  • A~Z
  • a~z
  • 0~9
  • +, /

の64文字が含まれています。
もしbase64の文字列以外が含まれていた場合、falseを返します。

上記のサンプルだと、resultには第一引数の文字列にカタカナが入っているためfalseが返されます。

では、次の章で実際に使ってみます。

base64_decode関数を解説するプログラムの概要

base64_decode関数を解説するプログラムでは、

  • パターン1:第2引数を設定しない場合
  • パターン2:第2引数を設定した場合

の2パターンでbase64_decode関数を使い、結果を表示させます。

PHPサンプルプログラム

base64_encode関数は、文字列をbase64でエンコードできる関数です。
詳しい説明は、こちらの記事をご参考ください。

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/base64decodesample.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。

パターン1はエンコードでき、パターン2はfalseが返されていることが確認できました!

まとめ:base64_decode関数を使ってみよう!

以上がbase64_decode関数についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました