【PHP】数値かどうかを判定できるis_numeric関数を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 PHPで数値かどうかを判定できるis_numeric関数について

  • is_numeric関数とは
  • is_numeric関数を使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
XAMPPのバージョン 8.0.3

PHPを動かすためにXAMPPを使っています。
XAMPPのインストールは、下の記事をご参考ください。

is_numeric関数とは

is_numeric関数とは、引数に与えた値が数値かどうかを判定し結果をboolで返す関数です。
引数は以下のように指定します。

第一引数(必須) 数値かどうか判定したい値

is_numeric関数は以下のように使います。

上記の場合、変数resultには「true」が返されます。

is_numeric関数の注意点として、正の整数だけでなく

形式
負の整数 -89
浮動小数点 1.47
数値形式の文字列 ‘4145’
指数表記 2e9

trueにするという点です。
正の整数だけではないことにご注意ください。

では、次の章で実際に使ってみます。

is_numeric関数を解説するプログラムの概要

is_numeric関数を解説するプログラムでは

  • 整数
  • 数値形式の文字列
  • 文字列

の3種類でis_numeric関数で判定し、結果を表示させます。

phpプログラムは

C:\xampp\htdocs

配下に、【is_numeric_sample.php】というファイル名で格納しています。

PHPサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/is_numeric_sample.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。

数値の判定ができていることが確認できました!

まとめ:is_numeric関数を使ってみよう!

以上がis_numeric関数についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました