【PHP】定数を定義できるdefine関数を解説します

PHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 PHPで定数を定義できるdefine関数について

  • define関数とは
  • define関数を使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
XAMPPのバージョン 8.0.3

PHPを動かすためにXAMPPを使っています。
XAMPPのインストールは、下の記事をご参考ください。

define関数とは

define関数とは、引数に指定された値を定数として定義する関数です。
define関数で定義された定数はグローバル定数、つまり、プログラムのどこからでも呼ぶことができる定数になります。

使い方サンプルは下記になります。

上記の例だと、【HELLO】を呼ぶと、’こんにちは’という値が取得できます。
定数の名前の付け方は

  • 大文字の英字
  • 数字
  • アンダースコア(_)

でつけるのが一般的です。

define関数で注意すべき箇所が2点あります。

1点目は、定数の中身を変えることができない、という点です。
たとえば以下のように宣言したとします。

実行すると
define関数で同じものを宣言するとエラー

【GREETING】という定数はすでに宣言されている、とエラーになります。
同じものを宣言しないよう、ご注意ください。

2点目は、バージョン8以降は3つ目の引数は削除されている、という点です。
define関数はもともと

というように指定できる引数は3つでした。
3つ目の引数は、大文字と小文字を区別するかどうかを設定していました。
意味は以下になります。

true 大文字と小文字を区別しない
false 大文字と小文字を区別する

任意でデフォルト値はfalseです。
これがPHPバージョン8.0.0で削除されました。
もしバージョン8以降で3つ目の引数を指定していると
define関数で3つ目の引数に指定するとエラー

とエラーになります。
define関数を扱うとき、PHPのバージョンにはお気を付けください。

では、次の章で実際に使ってみます。

define関数を解説するプログラムの概要

define関数を解説するプログラムでは、define関数で宣言した定数を使って計算しその結果を確認します。
phpプログラムは

C:\xampp\htdocs

配下に、【define_sample.php】というファイル名で格納しています。
define関数を解説するフォルダ構成

PHPサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/define_sample.php】のURLにアクセスします。

XAMPPでPHPの動かし方については、こちらの記事をご参考ください。

define関数の実行確認

無事、定数を取得し計算できていることを確認できました。

まとめ:define関数を使ってみよう!

以上がPHPで定数を定義できるdefine関数についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました