【Laravel】Formファザード(laravelcollective/html)をインストールする方法を解説します

Laravel

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つであるLaravelでBladeビューで

  • テキストボックス
  • ボタン

などを簡単に作成できるFormファザードをインストールする方法を丁寧に解説していきます。

Bladeビューについては、こちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

配下にLaravelのプロジェクトを作成しています。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

Formファザードをインストールするやり方を解説

Formファザードをインストールするやり方を解説します。

まず、コマンドプロンプトを立ち上げます。
(管理者権限でなくても、OKです!)

Laravelのプロジェクトがある場所までcdコマンドを使って移動します。
この記事では

C:\Laravel\LaravelSample


に作成しているので、そこまで移動します。

Formファザードをインストールした場合

プロジェクト\composer.json

に追記されるので、コマンドをたたく前の状態を確認します。
※必要な箇所だけ抜粋しています

【require】

  • “php”: “^7.3”,
  • “fideloper/proxy”: “^4.2”,
  • “fruitcake/laravel-cors”: “^2.0”,
  • “guzzlehttp/guzzle”: “^7.0.1”,
  • “laravel/framework”: “^8.0”,
  • “laravel/tinker”: “^2.0”

であることが確認できました!

では、Formファザードをインストールします。
Formファザードをインストールするためのコマンドは、

です。

コマンドをたたくと、下の画像のようにインストールが始まるので少し待ちます。

下の画像のように

Package manifest generated successfully.

が表示されれば、インストール無事終了です!

Formファザードのインストールが完了したので

プロジェクト\composer.json

に追記されたかどうかを確認します。


【require】

  • “laravelcollective/html”: “^6.2”

が追記できていることを確認できました!

まとめ:Formファザード(laravelcollective/html)をインストールしてみよう

以上がLaravelでFormファザード(laravelcollective/html)をインストールの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました