【Laravel】Formファザード(laravelcollective/html)をインストールする方法を解説します

Laravel

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つであるLaravelでBladeビューで

  • テキストボックス
  • ボタン

などを簡単に作成できるFormファザードをインストールする方法を丁寧に解説していきます。

Bladeビューについては、こちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Laravelのバージョン 8.10.0

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

配下にLaravelのプロジェクトを作成しています。

Formファザードをインストールするやり方を解説

Formファザードをインストールするやり方を解説します。

コマンドプロンプトを開きプロジェクトがある場所まで移動させます。

  • コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで移動
  • エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動

のどちらかで移動させてください。
エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動するやり方は、下記の記事をご参考ください。

Formファザードをインストールした場合

プロジェクト\composer.json

に追記されるので、コマンドをたたく前の状態を確認します。
※必要な箇所だけ抜粋しています

【require】

  • “php”: “^7.3”,
  • “fideloper/proxy”: “^4.2”,
  • “fruitcake/laravel-cors”: “^2.0”,
  • “guzzlehttp/guzzle”: “^7.0.1”,
  • “laravel/framework”: “^8.0”,
  • “laravel/tinker”: “^2.0”

であることが確認できました!

では、Formファザードをインストールします。
Formファザードをインストールするためのコマンドは、

です。

コマンドをたたくと、下の画像のようにインストールが始まるので少し待ちます。

下の画像のように

Package manifest generated successfully.

が表示されれば、インストール無事終了です!

もし

という警告メッセージが表示されたときは、こちらの記事をご参考ください。。

Formファザードのインストールが完了したので

プロジェクト\composer.json

に追記されたかどうかを確認します。


【require】

  • “laravelcollective/html”: “^6.2”

が追記できていることを確認できました!

まとめ:Formファザード(laravelcollective/html)をインストールしてみよう

以上がLaravelでFormファザード(laravelcollective/html)をインストールの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました