【Laravel】テンプレートエンジンのBladeの概要を説明します

Laravel

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 LaravelのテンプレートエンジンであるBladeの概要を丁寧に説明していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

Bladeの概要を説明

Bladeの概要を説明します。
Bladeとは、PHPのフレームワークの1つのLaravelのテンプレートエンジンです。

Bladeビューの拡張子は、【.blade.php】です。
新規作成するときの注意点はこちらの記事をご参考ください。

Bladeビューは、

プロジェクト\resources\views

に格納します。

Bladeビューは、HTMLで構成されています。
それにプラスで、ディレクティブの追加とPHPを直接記述することができます。

コメントは

の2種類があります。

Laravelで使うディレクティブとは

ディレクティブとは、if文や継承関係など様々な処理を指定することができる構文です。
@(アットマーク)から始まります。
ディレクティブでよく使うものを抜粋して、以下の表にまとめました。

ディレクティブ 説明
@if (条件を指定)
@elseif (条件を指定)
@else
@endif
条件分岐を指定する
@extends(‘Bladeビュー名’)
※拡張子は書かなくてよい
指定したBladeビューを継承する
@section(‘名前’)
@endsection
指定した名前でコンテンツのセクションを定義
@yield(‘名前’) 表示するコンテンツの場所を定義

まとめ:Bladeはテンプレートエンジン

以上がLaravelのテンプレートエンジンであるBladeの概要でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました