【jQuery】ダウンロードするやり方を解説します

JavaScript

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 jQueryをダウンロードするやり方を解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10

jQueryをダウンロードするやり方を解説

jQueryをダウンロードするやり方を解説します。

以下の公式サイトに行きます。
jQuery

【jQuery】というタイトルの項目に3つのリンクがあります。
このリンクからダウンロードします。
リンクに記載されてある数字はjQueryのバージョンです。

  • compressed
  • uncompressed

のどちらかをダウンロードします。

おすすめはcompressedです。
理由は、こちらの方が軽いからです。
リンクの上で右クリックし、【名前を付けてリンク先を保存】を選択します。

【名前を付けて保存】画面が表示されます。
任意の場所に保存してください。

以上でダウンロードは完了です。

jQueryファイルの使い方を解説

jQueryファイルの使い方を解説します。

ダウンロードしたjQueryファイルを任意の場所に格納します。
この記事では

C:\JavascriptSample\js

配下に格納します。

同じく格納されている【sample_jquery.js】は、jQueryを使いたいJavaScriptです。

HTMLでscriptタグを使ってjQueryファイルを読み込みます。
フォルダ構成は以下の画像のようになっている、とします。

この記事ではheadタグ内で読み込みます。
サンプルプログラムは以下です。

HTMLで外部のJavaScriptを読み込むやり方は、以下の記事をご参考ください。

必ず作成したJavaScriptよりjQueryをに読み込むことが肝心です。
HTMLは最初から順々に読まれます。
作成したJavaScriptが先だとjQueryを使う場所で止まってしまいます。
そのためjQueryを先に読むことが大切です。

まとめ:jQueryをダウンロードしてみよう

以上がjQueryのダウンロードのやり方の解説でした!

jQueryを使うやり方はダウンロードだけでなく、GoogleのCDNから読み込むやり方もあります。
詳しくはこちらの記事をご参考ください。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました