【jQuery】利用しているバージョンを確認するやり方を解説します

JavaScript

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 jQueryで利用しているバージョンを確認するやり方を解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10

jQueryを利用しているバージョンを確認するやり方を解説

jQueryを利用しているバージョンを確認するやり方を解説します。

やり方は

  1. 画面に表示させて確認
  2. Chromeのデベロッパーツールを使って確認

の2種類があります。

共通していることはjQueryのバージョンを表示させる

を使います。
それぞれの確認するやり方を解説します。

その1:画面に表示させて確認

画面に表示させて確認するやり方を解説します。

以下がサンプルプログラムです。

ページにアクセスするとアラートでjQueryのバージョンを表示させます。
アラートを表示させるalertメソッドについては、こちらの記事をご参考ください。

上記のHTMLをブラウザで表示させると
アラートでjQueryのバージョンを表示
アラートに使っているバージョンを表示させることができます。
現在使っているjQueryのバージョンは、3.6.0であることが確認できました。

その2:Chromeのデベロッパーツールを使って確認

Chromeのデベロッパーツールを使って確認を確認します。

確認したいページを開きます。
サンプルとして当ブログを使います。
たいらのエンジニアノート

開いている状態で

  • Ctrlキー+Shiftキー+Iキー
  • F12キー

のどちらかを押します。
下の画像のようにデベロッパーツールが表示されます。
Chromeのデベロッパーツールが表示

表示されたデベロッパーツール内の【Console】を選択します。
ChromeのデベロッパーツールでConsoleを選択

表示された【Console】

を記述してEnterキーを押すと、以下のように表示されます。
ConsoleでjQueryのバージョンを表示

当ブログが使っているjQueryのバージョンは、1.12.4であることが確認できました。

もしバージョン確認の

をしても
Uncaught TypeErrorのエラーメッセージ

と表示された場合、そのサイトはjQueryを利用していません。
バージョン確認できないということではないので、ご安心ください。

ちなみにデベロッパーツールを消すにはもう一度

  • Ctrlキー+Shiftキー+Iキー
  • F12キー

のどちらかを押すと消すことができます。

まとめ:利用しているバージョンを確認してみよう

以上がjQueryで利用しているバージョンを確認するやり方の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました