【FuelPHP】コントローラーを新規作成するコマンドを解説します

PHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 FuelPHPコントローラーを新規作成するコマンドについて丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
FuelPHPのバージョン 1.8.2
XAMPPのバージョン 8.0.3

この記事ではFuelPHPのプロジェクトは

C:\xampp

に配下に【fuelphp】という名前で配置しています。
FuelPHPのプロジェクトの場所

Windows10の環境でFuelPHPをインストールするやり方は以下の記事をご参考ください。

FuelPHPでコントローラーを新規作成するコマンドを解説

FuelPHPでコントローラーを新規作成するコマンドを解説します。

コマンドプロンプトを開きFuelPHPプロジェクトがある場所まで移動させます。

  • コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで移動
  • エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動

のどちらかで移動させてください。
エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動するやり方は、下記の記事をご参考ください。

この記事では

C:\xampp\fuelphp

まで移動します。
FuelPHPのバージョン確認

新規作成するコントローラーは

プロジェクト\fuel\app\classes\controller

配下に作成されるので、コマンドをたたく前の状態を確認します。
FuelPHPのコントローラーをコマンドで作成する前の状態を確認

  • .gitkeep
  • welcome.php

のみであることを確認しました。

では、コントローラーを新規作成します。
コントローラーを新規作成するためのコマンドは、

です。
アクションはいくつ指定してもOKですし、指定しなくても問題ありません。

この記事では、【sample】というコントローラー名にして、アクションは

  • show
  • confirm

で作成します。

上記のコントローラーを作成するためのコマンドは

です。
コマンドをたたくと
FuelPHPのコントローラーをコマンドで作成

コントローラーと同時にアクションに紐づくビューも作成できました。

プロジェクト\fuel\app\classes\controller

の中を確認すると、コントローラーファイルが新たに作成されていることが確認できました。
FuelPHPコントローラーが作成できていることを確認

新規作成されたコントローラーの中身は↓のようになっています。

同時に新規作成されたビューの中身は↓のようになっています。
(以下はshowアクションに紐づくビューです。)

画面で実行確認

コントローラーと紐づくビューが作成できたので、画面に表示させることができます。
XAMPPを起動して、【http://localhost/fuelphp/sample/show】のURLにアクセスします。
FuelPHPのURLの構造と、XAMPPでPHPの動かし方についてはこちらの記事をご参考ください。

FuelPHPのURLの構造について
【FuelPHP】URLの構造について解説します

XAMPPでPHPの動かし方
XAMPPでPHPの動かし方を解説します

作成した【show】の画面が表示されます。
デフォルトの画面は以下になります。
画面で実行確認

【Confirm】のボタンを押します。
画面で実行確認

【confirm】の画面に遷移できていることが確認できました。
もちろん【Show】のボタンを押すと、【show】の画面に遷移します。
画面で実行確認

まとめ:FuelPHPでコントローラーを新規作成してみよう

以上がFuelPHPでコントローラーを新規作成するコマンドの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました