【Ruby】配列やハッシュの各要素に対して同じ処理を実施できるmapメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyで配列やハッシュの各要素に対して同じ処理を実施できるmapメソッドについて

  • mapメソッドとは
  • mapメソッドを使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

mapメソッドとは

mapメソッドとはとは、配列やハッシュなどオブジェクトの1つ1つの要素に対して同じ処理を実施し、新たな配列を返り値として返すメソッドです。

mapメソッドは下記のように使います。

上記の例だと、配列resultには[“aa”, “bb”, “cc”]という配列が返されます。
またmapメソッドは、do~endではなく、以下のように{~}でも記載することができます。

では、次の章で実際に使ってみます。

mapメソッドを解説するプログラムの概要

mapメソッドを解説するプログラムでは、要素がint型の配列に対して

  • 各要素を2倍
  • 各要素を2で割る

の2パターンの処理をmapメソッドを使い実施し、結果を表示させます。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

■mapするリスト:[10, 1, 84, 3, 32, 27, 6]
■要素を2倍:[20, 2, 168, 6, 64, 54, 12]
■要素を2で割る:[5, 0, 42, 1, 16, 13, 3]

各要素に指定した処理が実施されていることが確認できました!

まとめ:mapメソッドを使ってみよう!

以上がmapメソッドについての解説でした!

mapメソッドは、配列やハッシュのすべての要素に対して同じ処理を実施したいときに便利なメソッドなので、ぜひ使ってみてください!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました