【FuelPHP】URLの構造について解説します

PHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 FuelPHPURLの構造について丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
FuelPHPのバージョン 1.8.2
XAMPPのバージョン 8.0.3

Windows10の環境でFuelPHPをインストールするやり方は以下の記事をご参考ください。

URLの構造を解説

FuelPHPのURLの構造について解説します。
URLは

http://○○○○/呼ぶコントローラー/参照するメソッド/引数1/引数2…

という構造になっています。

たとえば

http://hogehoge.jp/sample/show/123

というURLがあった場合
FuelPHPのURLの構造を解説

sample 呼ぶコントローラー
show 参照するメソッド
123 メソッドに与える引数

という意味になります。
上記のURLでアクセスした場合

プロジェクト\fuel\app\classes\controller

配下にあるsample.phpのaction_showメソッドが呼び出され、引数$numberには「123」が設定されて実行されます。
FuelPHPのURLをコントローラーの関係を解説
メソッドのactionというプレフィックスは、URLを通じてリクエストを受け付けるメソッドには付ける、という仕様です。

もし

http://hogehoge.jp/sample/

というように呼び出すメソッドが指定されていない場合、action_index()メソッドを実行します。

コントローラーをディレクトリに格納している場合のURLは

http://○○○○/ディレクトリ名/呼ぶコントローラー/参照するメソッド/引数1/引数2…

とすれば、アクセスすることができます。

まとめ:URLの構造を覚えよう

以上がFuelPHPのURLの構造の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました