XAMPPでPHPの動かし方を解説します

XAMPP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事ではXAMPPPHPの動かし方を解説します。

前提条件

この記事ではXMAPPは、

C:\xampp

にインストールしたという前提で進めています。

XMAPPのインストールの仕方はこちらの記事をご参考ください。

OSはWindows10を使っています。

ドキュメントルートをデフォルトから変更していない状態です。

XAMPPでPHPの動かし方を解説

XAMPPでPHPの動かし方を解説します。
XAMPPをインストールした

C:\xampp

フォルダを開きます。

この中の【htdocs】というフォルダを開きます。

C:\xampp\htdocs

ドキュメントルートと呼ばれる場所です。

ドキュメントルートとは、ネットに公開しているフォルダのことです。

ドキュメントルートとは、Webサーバ(HTTPサーバ)やFTPサーバが外部に公開するファイルなどが置かれたディレクトリ(フォルダ)。
そのディレクトリにあるファイルと、下の階層にあるファイルやディレクトリが公開される。

ドキュメントルート(仮想ルートディレクトリ)とは – IT用語辞典 e-Wordsから引用させて頂きました

なので、ブラウザで表示したいファイルは、ドキュメントルート配下に格納する必要があります。

PHPを動かす練習用のプログラムの【hello.php】というファイルを作成します。
内容は以下の通りです。

内容は、Hello Worldを表示させるだけのプログラムです。
このファイルを

C:\xampp\htdocs

直下に格納します。

XMAPPでPHPを動かすためには、Apacheを動かす必要があります。
Apacheの動かし方はこちらの記事をご参考ください。

Apacheを動かします。

この状態で【http://localhost/hello.php】のURLにアクセスします。

Hello Worldが表示するページにアクセスできました!

まとめ:XAMPPでPHPを動かしてみよう

以上がXAMPPでPHPの動かし方の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました