【Ruby】文字列をIntegerクラスの数字に変換するto_iメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、Rubyの文字列をIntegerクラスの数字に変換するto_iメソッドについて

  • to_iメソッドとは
  • to_iメソッドを使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6

この記事ではRubyプログラムは

C:\rubystudy

に作成しています。

to_iメソッドとは

to_iメソッドとは、レシーバーのオブジェクト文字列をIntegerクラスの数値に変換した値を返すメソッドです。
レシーバーについては、こちらの記事をご参考ください。

もしレシーバーの文字列が「sample」など整数に変換できない値であった場合、0を返します。

to_iメソッドは使い方が

  • パターン1:引数を指定しない場合
  • パターン2:引数を指定する場合

の合計2パターンあります。
それぞれ解説します。

パターン1:引数を指定しない場合

引数を指定しない場合は、下記のように使います。

パターン2:引数を指定する場合

引数を指定する場合は、下記のように使います。

【何進数で変換するか】には、02から36までを設定することが可能です。
それ以外の値を設定した場合、ArgumentErrorという例外が発生します。

たとえば

を実行すると、
Rubyのto_iメソッドを解説

となります。
引数を指定する場合は、ご注意ください。

では、次の章で実際に使ってみます。

to_iメソッドを解説するプログラムの概要

to_iメソッドを解説するプログラムでは、整数型の配列を用意し

  • パターン1:引数を指定しない場合
  • パターン2:引数を指定する場合

それぞれで、to_iメソッドを使い、結果を表示させます。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

では、実行します。
Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

Rubyのto_iメソッドを解説

指定した通り、文字列から整数に変換可能なものは変換されていることが確認できました!

まとめ:to_iメソッドを使ってみよう!

以上がto_iメソッドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました