【Laravel】コントローラーへのルーティングの設定の仕方を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つであるLaravelコントローラーへのルーティングを設定するやり方を丁寧に説明していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

配下にLaravelのプロジェクトを作成しています。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

コントローラーへのルーティングを設定するプログラムの概要

コントローラーへのルーティングを設定するプログラムでは

  • コントローラー
  • Bladeビュー
  • web.php

の3種類のファイルを新規作成、または修正します。

指定したURLにアクセスした場合、コントローラーを呼び出し、Bladeビューを表示させます。
Bladeビューについては、こちらの記事をご参考ください。

コントローラーへのルーティングの設定の仕方を解説

コントローラーへのルーティングの設定の仕方を解説します。

  1. コントローラーを新規作成
  2. Bladeビューを新規作成
  3. web.phpにルーティングを追加

という順序で進めます。

まず、コントローラーを新規作成します。
コマンドは

で新規作成します。
コマンドを使ってコントローラーの新規作成する詳細な説明は、こちらの記事をご参考ください。

LaravelSample\app\Http\Controllers配下に【SampleController.php】というコントローラーを新規作成しました。

新規作成されたコントローラーの中身は↓のようになっています。

ここにsampleページに飛ぶようにメソッドを、showPageメソッド↓のように追加します。

上記の

とviewメソッドで指定してあげると、resources\views配下にある【sample.blade.php】を表示します。

次にBladeビューを新規作成します。
Bladeビューはコマンドで新規作成できないので、自分でファイルを新規作成します。
新規作成するときの注意するべきポイントについては、こちらの記事をご参考ください。

resources\views配下に【sample.blade.php】を新規作成しました。

中身は↓のように記載しています。

最後にweb.phpにルーティングを追加します。
web.phpは、routes直下に格納されています。

インストールした直後の中身は↓のようになっています。

ここに【http://〇〇.〇〇.〇〇:8000/sample】にアクセスした場合、SampleControllerのshowPageメソッドを呼び出すように設定を追加します。
↓のように追加します。

追加した箇所は2つです。
1つ目は4行目に

を追加しました。

2つ目は21行目に

追加しました。
↑の意味としては

です。
以上で、コントローラーへのルーティングの設定が完了しました!

実行して確認

本当に設定できたのかを実行して確認します。
Laravelでサーバーを立ち上げるコマンドは

です。
サーバーを立ち上げるコマンドの詳細な説明は、こちらの記事をご参考ください。

  • http://〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇:8000/sample
    ※コマンドプロンプトに記載されているURL
  • http://localhost:8000/sample

どちらかのURLにアクセスすれば、新規作成したBladeビューが表示されることが確認できます!

まとめ:Laravelでコントローラーへのルーティングを設定してみよう

以上がLaravelでコントローラーへのルーティングを設定の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました