【Laravel】Bladeビューで繰り返し処理ができる@foreachディレクティブを解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つであるLaravelでBladeビューで繰り返し処理ができる@foreachディレクティブを丁寧に説明していきます。

Bladeビューについては、こちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

配下にLaravelのプロジェクトを作成しています。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

@foreachディレクティブとは

@foreachディレクティブとは、PHPのforeachのようにBladeビューで繰り返し処理することができるディレクティブです。

@foreachディレクティブは、↓のように使います。

基本はphpのforeachと同じです。
注意するポイントは、最後の【@endforeach】を忘れないことです。

では、次の章で実際に使って解説します。

@foreachディレクティブを解説するプログラムの概要

@foreachディレクティブを解説するプログラムは、

  • コントローラー
  • Bladeビュー
  • routes\web.php

3つを使います。

コントローラーは名前を【SampleController.php】とし、配列を作成しBladeビューに渡します。
コントローラーからBladeビューに値を渡す方法については、こちらの記事をご参考ください。

Bladeビューではコントローラーから受け取った配列を@foreachディレクティブで表示します。
Bladeビューは名前を【printsample.blade.php】とし、viewsディレクトリ直下に格納します。

routes\web.phpには、【http://〇〇.〇〇.〇〇:8000/printsample】でアクセスした場合、【printsample.blade.php】を表示させるように設定します。

SampleController.phpのサンプルプログラム

printsample.blade.phpのサンプルプログラム

web.phpのサンプルプログラム

実行して確認

本当にコントローラーからBladeビューに値を渡すことができているのかを実行して確認します。
Laravelでサーバーを立ち上げるコマンドは

です。
サーバーを立ち上げるコマンドの詳細な説明は、こちらの記事をご参考ください。

  • http://〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇:8000/printsample
    ※コマンドプロンプトに記載されているURL
  • http://localhost:8000/printsample

どちらかのURLにアクセスすれば、繰り返し処理ができていることが確認できます!

まとめ:@foreachディレクティブを使ってみよう

以上がLaravelのBladeビューで繰り返し処理ができる@foreachディレクティブの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました