【FuelPHP】ログの出力先を変更するやり方について解説します

PHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 FuelPHPログの出力先を変更するやり方について丁寧に解説していきます。

デフォルト設定でログが出力される場所については、こちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
FuelPHPのバージョン 1.8.2
XAMPPのバージョン 8.0.3

この記事ではFuelPHPのプロジェクトは

C:\xampp

に配下に【fuelphp】という名前で配置しています。
FuelPHPのプロジェクトの場所

Windows10の環境でFuelPHPをインストールするやり方は以下の記事をご参考ください。

ログの出力先を変更するやり方を解説

ログの出力先を変更するには

プロジェクト\fuel\app\config\config.php

のconfigファイルの設定を変更します。
FuelPHPのログの出力先を変更するやり方を解説

config.phpの中に
FuelPHPのログの出力先を変更するやり方を解説

という箇所があります。
コメントアウトされているこれらが、ログの設定をする項目です。

設定するものは、以下の2つです。

パラメータ 説明
log_path ログファイルを格納する場所を指定。
指定するパスは相対パスでも絶対パスでも、どちらでも良い。
log_file ログを出力するファイル名を指定。
指定なし、またはnullが指定されている場合は「YYYY\MM\DD.php」という形式でログファイルが作成される。

上記2項目のコメントアウトを外して値を設定すれば、指定した場所とファイル名でログの出力先を変更できます。

log_pathでカレントディレクトリを指定した場合は

プロジェクト\public

になります。
この記事では以下のようにログの出力先を設定します。

設定が完了したら実行します。
XAMPPでPHPの動かし方についてはこちらの記事をご参考ください。

実行するとconfig.phpで設定した内容でログが出力されていることが確認できました。
FuelPHPのログの出力先を変更するやり方を解説

まとめ:ログの出力先を変更してみよう!

以上がログの出力先を変更するやり方についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました