【Laravel】ビューの新規作成で注意するべきポイントを解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つのLaravelビューの新規作成で注意するべきポイントを解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

Laravelでビューの新規作成で注意するべきポイントは3つ

Laravelでビューを新規作成するとき注意するべきポイントは

  1. ビューを新規作成するコマンドは無い
  2. ビューの格納場所はresources\views配下に格納する
  3. 拡張子は【.blade.php】とする

です。
ではそれぞれを解説していきます。

注意ポイントその1:ビューを新規作成するコマンドは無い

コントローラーを新規作成するコマンドは存在します。
しかし、ビューを新規作成するコマンドはありません
自分でビューを新規作成する必要があります。

コントローラーを新規作成するコマンドについては、以下の記事をご参考ください。

注意ポイントその2:ビューの格納場所はresources\views配下に格納する

ビューを格納する場所は決まっています。
ビューは

プロジェクト\resources\views

配下に格納する必要があります。

注意ポイントその3:拡張子は【.blade.php】とする

ビューの拡張子は、【.blade.php】とすることです。

拡張子を【.blade.php】とする理由として、LaravelではBladeというテンプレートエンジンを使用しているためです。

まとめ:ビューを新規作成するときは注意しよう

以上がLaravelでビューを新規作成するときの注意するべきポイントの解説でした!
まとめなのでもう1回書きますが、注意ポイントは以下の3つです。

  1. ビューを新規作成するコマンドは無い
  2. ビューの格納場所はresources\views配下に格納する
  3. 拡張子は【.blade.php】とする

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました