【SQL Server2019】ローカル環境で接続する方法を解説します

SQL Server

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事ではMicrosoft SQL Server2019のローカル環境で接続する方法を多くの画像を使って丁寧に解説します。

前提:実施している環境

この記事では、以下の環境で進めています。

  • OS:Windows10
  • SQL Server2019

SQL Server2019のインストールするやり方は以下の記事をご参考ください。

ローカル環境でSQL Server2019を接続する方法を解説

ローカル環境でSQL Server2019を接続する方法を解説します。
スタートボタンから【SQL Server Management Studio】を選択します。

SQL Server2019が起動し、サーバーの接続を入力する画面がポップアップします。

【Server name】の▽ボタンを押し、【Browse for more】を選択します。

【Browse for Servers】という、ローカルまたはネットワークのサーバを選択する画面がポップアップします。

この画面で

  1. Local Serversのタブを選択
  2. Database Engineの+ボタンを押す
  3. 表示されたサーバを選択
  4. OKボタンを押す

という順番でやっていきます。

【Browse for Servers】画面が閉じられ、【Server name】のテキストボックスの中に先ほど選択したサーバが自動で設定されている状態になります。

上から3行目の【Authentication】とは、認証のことです。
ローカル環境で接続するので、Windows認証を選択する必要があります。
【Authentication】【Windows Authentication】が選択されていることを確認します。

この状態までできたら、あとは接続するだけです。
【Connect】ボタンを押します。

下の画像のように、【Object Explorer】が表示されれば無事ローカル環境で接続ができました!

まとめ:SQL Server2019をローカルで接続してみよう

以上がSQL Server2019をローカルで接続するやり方の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました