【Ruby】三項演算子について解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyの三項演算子について

  • 三項演算子とは
  • 三項演算子を使うと便利なケース
  • 三項演算子を使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

三項演算子とは

三項演算子とは、if文のように条件で分岐することができる演算子のことです。
三項演算子の使い方サンプルは以下になります。

上記のサンプルをif文で書くと、以下になります。

三項演算子とif文は、同じ内容を書いています。
が、三項演算子を使うとこのようにスマートに書くことができるケースがあります。

三項演算子を使うと便利なケース

三項演算子を使うと便利なケースは、シンプルな条件に応じて値を設定するときです。

シンプルな条件のif文のサンプルは以下です。

上記を三項演算子で書くと、下記になります。

このようにシンプルな条件分岐で値を設定する場合は、簡潔に書くことができる三項演算子を使うことをおすすめします。

逆に

  • 判定する条件が複雑
  • 条件分岐後の処理が複雑

というケースは、if文を使うことをおすすめします。

では、次の章で実際に使ってみます。

三項演算子を解説するプログラムの概要

三項演算子を解説するプログラムでは、三項演算子を使って

  • trueの場合
  • falseの場合

の2パターンで条件を判定し結果を表示させます。

Rubyサンプルプログラム

サンプルプログラムで使っているeven? メソッドは、偶数かどうかの判定ができるメソッドです。
even? メソッドについては、こちらの記事をご参考ください。

実行結果

実行して本当に判定できているかを確認します。

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

■三項演算子サンプル(trueの場合)
4は偶数です

■三項演算子サンプル(falseの場合)
7は奇数です

三項演算子で条件判定ができていることが確認できました!

まとめ:三項演算子を使ってみよう!

以上が三項演算子についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました