【Ruby】文字列の先頭と末尾の空白を削除できるstripメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyのstripメソッドについて

  • stripメソッドとは
  • stripメソッドを使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

stripメソッドとは

stripメソッドとは、レシーバーの文字列から先頭と末尾の空白を削除した文字列を返すメソッドです。

レシーバーについては、以下の記事をご参考ください。

stripメソッドのサンプルは、以下になります。

上記を実行すると、resultには【hogehoge】という文字列が返されます。

stripメソッドを使う上で注意点が2点あります。
1点目は、文字列の真ん中にある空白は削除されない点です。
2点目は、全角の空白は削除できない、という点です。
stripメソッドを使う場合は、この2点にお気を付けください。

では、次の章で実際に使ってみます。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

実行して先頭と末尾だけ空白が削除できているかを確認します。

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

削除前 リンゴ
削除後リンゴ

削除前 メ ロ ン
削除後メ ロ ン

文字列の先頭と末尾のみ空白が削除できていることが確認できました!

まとめ:stripメソッドを使ってみよう!

以上がstripメソッドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました