【書評】「3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門」はRuby初心者にピッタリの入門本!

プログラム言語解説

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では

3ステップでしっかり学ぶRuby入門がRuby初心者にピッタリな本なので、ご紹介します!

先に書いておきますと、こんな方にオススメです!

  • Rubyに興味がある方
  • Rubyを初めて勉強する方
  • プログラム言語を勉強して挫折したことがある方
  • そもそもプログラム言語を勉強するのが初めての方

著者:WINGSプロジェクト 竹馬力さんとは

まずは、【3ステップでしっかり学ぶRuby入門】の著者である、WINGSプロジェクト 竹馬 力(ちくば つとむ)さんをご紹介します。

私が特にご紹介したいのは、竹馬さんは、マンションの購入や売却を検討したことがある方ならお世話になった方も多いであろう、不動産価格査定サイトIESHIL(イエシル)のエンジニアリング・マネージャーである、ということです。

東証一部上場会社である株式会社リブセンスが運営しています。
会員数が100万人以上、AIで不動産価格を査定しています。

竹馬さんご自身が発信されているメディアもありますので、こちらもご紹介します。

Twitter

竹馬力さんのTwitter

ブログ

tchikuba’s blog/

ポッドキャスト

CEO.FM

竹馬さんは経験も実績もある技術者なのです。

そして、WINGSプロジェクトとは、サーバーサイド技術に関する書籍・記事執筆、翻訳、講演などを行うプロジェクトチームです。

こちらでは、ほかにも

  • 改訂3版Javaポケットリファレンス
  • 独習Python
  • 速習 Laravel 6
  • 作って楽しむプログラミング iPhoneアプリ超入門
  • これからはじめるVue.js実践入門

などなど、一度は目にしたことがある、聞いたことがある本を出版されています。

このように【3ステップでしっかり学ぶRuby入門】は、経験豊富な方が書かれ、実績のあるプロジェクトチームが出版されているRubyの入門書なので、安心して読むことができます(*´▽`*)

書籍:3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門とは

どんな書籍かというと、Ruby初心者にピッタリの本です。

  • Rubyを初めて勉強する方
  • Rubyの基礎を固めたい方
  • プログラム言語初学者の方
  • プログラム言語勉強したいけど、挫折したことがある方

↑の方たちには、まさにピッタリの本です(*’▽’)
読んでいて、本当にRuby初学者の目線に立って作られた本だなあと感じました。

逆に

  • Rubyを極めたい方
  • Rubyを使って何か開発したい方

こういう方には、オススメできません(;’∀’)
本当にRuby初心者向けの本なので、合わないです。
別の本を読むことをオススメします。

プログラム言語初学者が最初につまづく箇所を避けることができる

この本の良いところは、プログラム言語初学者の最初につまづく箇所を避けることができます!

最初のつまづく箇所とは、環境構築です。
Rubyだけでなくほかのプログラム言語初学者でも、環境構築の失敗が原因で挫折するケースが多い、とよく聞きます。
環境構築は初学者だけでなく、何年もエンジニアとして働いていてもつまづくことがあります(;’∀’)

この本は最初の章で、環境構築の部分から丁寧に書かれています。
Rubyのインストールの方法が画像付きでラーで書かれています。

だから、環境構築がスムーズにできるので時間もとられませんし、ストレスが0でRubyの勉強を始めることができます!
ストレスが0なので、勉強するやる気がそがれることなく、やる気MAX状態でRubyの勉強に取り組むことができます!

学習順序と章の構成が合理的

本の目次は以下のようになっています。

  • 第0章 環境を構築しよう
  • 第1章 Ruby の世界へようこそ!
  • 第2章 プログラムの基本とデータを理解する
  • 第3章 データのまとまりを扱う
  • 第4章 条件に応じてプログラムの処理を変える
  • 第5章 繰り返し処理する
  • 第6章 メソッドで処理する
  • 第7章 クラスでプログラムをまとめる
  • 第8章 エラー処理と例外をプログラミングする
  • 第9章 モジュールやライブラリを活用する
  • 第10章 実践的なプログラミングに挑戦する

上から目線で申し訳ないですが、Rubyの基礎を学ぶとき、合理的な順番の並びとなっていると思います。
第1章が理解できているから、第2章が勉強できた、第2章が理解できたから、第3章が勉強できた…
という感じで各章が数珠つなぎでつながっており、徐々に自分の知識が広がっていくことが実感できます。

各章ごとの構成として、

  1. 予習
  2. 体験
  3. 理解
  4. 練習問題

と、なっています。
なので、予習から理解まででインプットし、本当に理解しているのか?ということで練習問題でアウトプットします。
やっぱり、プログラム言語というのは手を動かすのが一番勉強できる、と断言できます。
章ごとに手を動かすことで、自分が本当に理解できているのか?が分かります(*’▽’)
練習問題の解答は本の最後に記載されているのですが、うれしいことに解説も載っています!

だから、なんとなく書いたら正解した!ではなく、自分の理解は合っていたのか?までわかります。
解説がついていることで、理解が誤っていたなら前の方に戻って見直すので、「できたつもり」にならないです。

また本で記載されているサンプルプログラムはダウンロードできます。
なので、練習問題を解いた後は

  • 自分が書いたプログラム
  • サンプルプログラム
  • 本の解説

という感じで見比べて、さらに理解を深めることができます。

Ruby初学者が1つずつ確実に分かるような作りとなっています!

まとめ:「3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門」はRuby初心者におすすめ!

以上が「3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門」について紹介させて頂きました!

  • Rubyに興味がある方
  • Rubyを初めて勉強する方
  • プログラム言語を勉強して挫折したことがある方
  • そもそもプログラム言語を勉強するのが初めての方

↑の方たちに本当にオススメです!

この記事があなたに少しでもお役に立てれば幸いです。
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました