【Ruby】ファイルの読み込みを行うやり方を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyでファイルの読み込みを行うやり方について

  • 使うメソッド
  • 実際にファイルを読み込むサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。
他のファイル操作については、こちらの記事をご参考ください。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

ファイルの読み込みを行うやり方を解説

ファイルを読み込むためには

  1. openメソッドでファイルを開く
  2. readメソッドで読み込む

という段取りで読み込みます。
サンプルは以下になります。

それぞれの引数の意味は下記です。

第一引数のファイル指定は、存在しないファイルを指定した場合以下のように No such file or directoryというエラーになります。
ご注意ください。

指定するファイルのパスは

  • 相対パス
  • 絶対パス

どちらでもOKです。

第二引数の[r]の意味は、読み込みを行うという意味です。
デフォルト値が[r]なので、省略することが可能です。

readメソッドは、ファイル全体の文字列が返されます。
その文字列に対して、putsメソッドなどを使えば画面に表示することができます。

では、次の章で実際に使ってみます。

ファイル読み込みを解説するプログラムの概要

ファイル読み込みを解説するプログラムは

  • 第二引数を指定している
  • 第二引数を指定していない

の2パターンで読み込みを行います。
読み込んだファイルの中身を表示させて結果を確認します。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

読み込むファイルを確認します。
第二引数を指定しているパターンで読み込むファイルの内容は下記です。

第二引数を指定していないパターンで読み込むファイルの内容は下記です。

実行して本当にファイルの読み込みができているかを確認します。
Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

結果は下記の通り、読み込みができていることが確認できました!

まとめ:ファイルの読み込みをしてみよう!

以上がファイルの読み込みを行うやり方についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました