【Ruby】文字列の末尾にある改行を削除することができるchompメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyのchompメソッドについて

  • chompメソッドとは
  • chompメソッドを使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

chompメソッドとは

chompメソッドとは、レシーバーの文字列から末尾の改行を削除した文字列を返すメソッドです。

レシーバーについては、以下の記事をご参考ください。

chompメソッドを使うサンプルは、以下になります。

上記の例だと、resultには末尾の「\n」が削除されたhogehogeという文字列が返されます。

改行の種類は以下3種類です。

  • \r
  • \n
  • \r\n

レシーバーの文字列の末尾に上記の改行があった場合、削除されます。
なければ、レシーバーの文字列がそのまま返されます。

では、次の章で実際に使ってみます。

chompメソッドを解説するプログラムの概要

chompメソッドを解説するプログラムでは、

  • 先頭
  • 真ん中
  • 末尾

の3か所に改行を入れた文字列に対して、chompメソッドを使います。
末尾のみ改行が削除されるのかを表示させて確認します。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

実行して本当に末尾のみ改行削除できているかを確認します。

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

・改行削除する文字列

リンゴ
オレンジ
はフルーツです

・改行削除実行

リンゴ
オレンジはフルーツです

末尾のみ改行削除できていることが確認できました!

まとめ:chompメソッドを使ってみよう!

以上がchompメソッドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました