【Laravel】インストールを解説します(Windows)

Laravel

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事では、PHPのフレームワークの1つのLaravelをインストールする方法を解説します。

前提:実行環境と事前にインストールしておくべきもの

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10

Laravelをインストールする事前準備として、Composerがインストールされている必要があります。
Composerのインストールのやり方はこちらの記事をご参考ください。

Laravelをインストールするやり方を解説

Laravelをインストールするやり方を解説します。

コマンドプロンプトを開きLaravelプロジェクトを作りたいフォルダまで移動させます。

  • コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで移動
  • エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動

のどちらかで移動させてください。
エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動するやり方は、下記の記事をご参考ください。

この記事では、

C:\Laravel

というフォルダ配下に作成します。

移動したら

のコマンドをたたきます。
この記事ではプロジェクト名を、【LaravelSample】とします。

すると、Laravelのインストールが始まります。
私はすべてが終わるまでは約5分かかりました。
↓の画像のように

Application key set successfully.

と最後に表示されていたら、インストール成功です!

Laravelが無事インストールできたかを確認

Laravelが無事インストールできたかを確認します。
作成したプロジェクトにcdコマンドを使って移動します。

そこで

とたたくき、Laravelのバージョンが表示されれば、正常にインストールされています!

以上で、Laravelのインストールと確認は完了です!

まとめ:Laravelをインストールしてみよう

以上がLaravelをインストールするやり方の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました