【Laravel】ミドルウェアを新規作成するartisan make:middlewareコマンドを解説します

Laravel

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つのLaravelでミドルウェアを新規作成するartisan make:middlewareコマンドについて丁寧に解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

Laravelでミドルウェアを新規作成するコマンドを解説

Laravelでミドルウェアを新規作成するコマンドを解説します。

まず、コマンドプロンプトを立ち上げます。
(管理者権限でなくても、OKです!)

Laravelのプロジェクトがある場所までcdコマンドを使って移動します。
この記事では

C:\Laravel\LaravelSample


に作成しているので、そこまで移動します。

新規作成するミドルウェアは

プロジェクト\app\Http\Middleware

配下に作成されるので、コマンドをたたく前の状態を確認します。

  • Authenticate.php
  • EncryptCookies.php
  • PreventRequestsDuringMaintenance.php
  • RedirectIfAuthenticated.php
  • TrimStrings.php
  • TrustHosts.php
  • TrustProxies.php
  • VerifyCsrfToken.php

の上記8つがあることが確認できました!

では、ミドルウェアを新規作成します。
ミドルウェアを新規作成するためのコマンドは、

です。
この記事では、【SampleCheck】という名前にして、ミドルウェアを新規作成します。

コマンドをたたいて、

Middleware created successfully.

というメッセージが表示されれば、無事にミドルウェアが作成できています!

プロジェクト\app\Http\Middleware

の中を確認すると、ミドルウェアが新たに作成されていることが確認できました!

ちなみに新規作成されたミドルウェアの中身は↓のようになっています。

まとめ:Laravelでミドルウェアを新規作成してみよう

以上がLaravelでミドルウェアを新規作成するartisan make:middlewareコマンドの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました