【FuelPHP】コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説します

FuelPHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 FuelPHPコントローラーからビューに値を渡すやり方について丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
FuelPHPのバージョン 1.8.2
XAMPPのバージョン 8.0.3

この記事ではFuelPHPのプロジェクトは

C:\xampp

に配下に【fuelphp】という名前で配置しています。
FuelPHPのプロジェクトの場所

Windows10の環境でFuelPHPをインストールするやり方は以下の記事をご参考ください。

FuelPHPでコントローラーからビューに値を渡すやり方を解説

FuelPHPでコントローラーからビューに値を渡すやり方を

  1. コントローラーからビューに値を渡す
  2. 渡された値をビューに表示させる

とそれぞれの段階でサンプルプログラムをまじえながら解説していきます。

コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説

コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説します。
この記事では使うコントローラーはControllerクラスを継承している、とします。

ビューに値を渡すためにはView::forgeメソッドを使います。
サンプルプログラムは以下です。

View::forgeメソッドの第二引数に連想配列で指定すれば、ビューに値を渡すことができます。

なおarray関数とは、配列を初期化できる関数です。
詳しくはこちらの記事をご参考ください。

渡された値をビューに表示させるやり方を解説

渡された値をビューに表示させるやり方を解説します。

ビューに表示させるには、View::forgeメソッドの第二引数に指定した連想配列のキーを指定すれば表示させることができます。
「コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説」から渡されたとして、サンプルプログラムは以下です。

上記のサンプルだと

と表示されます。

では、次の章で実際に使ってみます。

コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説するプログラムの概要

コントローラーからビューに値を渡すやり方を解説するプログラムではコントローラーは

プロジェクト\fuel\app\classes\controller

配下にあり、ファイル名を【sample.php】とします。
FuelPHPでコントローラーからビューに値を渡すやり方を解説

コントローラから値を受け取り表示するビューは

プロジェクト\fuel\app\views\sample

配下にあり、ファイル名を【show.php】とします。

コントローラとビューを同時に作成するやり方は、こちらの記事をご参考ください。

コントローラークラスのサンプルプログラム

ビューのサンプルプログラム

実行結果

XAMPPを起動して、【http://localhost/fuelphp/sample/show】のURLにアクセスします。
FuelPHPのURLの構造と、XAMPPでPHPの動かし方についてはこちらの記事をご参考ください。

FuelPHPのURLの構造について
【FuelPHP】URLの構造について解説します

XAMPPでPHPの動かし方
XAMPPでPHPの動かし方を解説します

ブラウザで確認

コントローラーで渡した値がビューに表示できていることが確認できました。

まとめ:FuelPHPでコントローラーからビューに値を渡してみよう

以上がFuelPHPでコントローラーからビューに値を渡すやり方の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました