【Ruby】自己代入演算子の||=について解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事では、 Rubyで自己代入演算子の||=演算子について解説します。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

||=演算子とは

||=演算子とは、左辺を評価しその結果が

  • nil
  • 未定義

であった場合は、右辺の値を代入する演算子です。
もし、何かしらの値が入っていた場合は、何も変更されません。

||=演算子は下記のように使います。

上記の例だと、sampleにはテストが設定されます。

では、次の章で実際に使ってみます。

||=演算子を解説するプログラムの概要

||=演算子を解説するプログラムでは、

  • 何かしらの値が設定されている場合
  • 設定されている値がnilの場合
  • 変数が未定義の場合

の3パターンで||=演算子を使い、結果を表示させます。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

val1:値あり
val2:値なし2
val3:値なし3

指定通り、nilと宣言なしの変数のみに代入できていることが確認できました!

まとめ:||=演算子を使ってみよう!

以上が||=演算子についての解説でした!

||=演算子は、使う変数をチェックしたいときにとても便利なので、ぜひ使ってみてください!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました