【Ruby】エクセルファイル(xlsx)の作成ができるrubyXLの紹介とインストールの仕方を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyでエクセルファイル(xlsx)の作成ができるrubyXLというgemの解説とインストールの仕方について丁寧に解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6

rubyXLとは

rubyXLとは、Rubyエクセルファイル(xlsx)を扱うことができるGemです。
GitHubのリンクはこちら。

rubyXLの注意点としまして、バイナリ形式のxlsファイルはサポートされていない、という点です。
xlsファイルを扱いたい場合は、「spreadsheet」という別のgemが必要です。
rubyXLでサポートされているファイルは

  • xlsx
  • xlsm
  • xltx
  • xltm

の4種類です。

rubyXLのインストールを解説

rubyXLのインストールを解説します。

コマンドプロンプトを起動します。
カレントディレクトリはどこでもOKです。
この記事では、C直下をカレントディレクトリとします。
RubyのrubyXLのgemを解説

をたたき実行します。
すると、以下のようなメッセージが表示されればインストールは無事完了です。
RubyのrubyXLのgemを解説

まとめ:rubyXLをインストールしてみよう

以上がRubyでエクセルファイル(xlsx)の作成ができるrubyXLの解説とインストールの仕方でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました