【Ruby】配列で指定したインデックスの要素を削除できるdelete_atメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyで配列で指定したインデックスの要素を削除できるdelete_atメソッドについて

  • delete_atメソッドとは
  • delete_atメソッドを使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

delete_atメソッドとは

delete_atメソッドとは、配列から引数で指定されたインデックスの要素を削除し、削除した要素を返すメソッドです。

使い方サンプルは以下です。

実行後はresultには

が返され、配列sampleは

になっています。

delete_atメソッドの引数で指定した値が負の整数の場合は、末尾からのインデックスとして実行されます。
配列の要素数より大きい値を指定した場合は、nilが返され配列は何も削除されません。

では、次の章で実際に使ってみます。

delete_atメソッドを解説するプログラムの概要

delete_atメソッドを解説するプログラムでは、指定する引数に

  • 正の整数
  • 負の整数

の2パターンで与えて動作を確認します。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

Rubyのdelete_atメソッドを解説

指定したインデックスの要素が削除できていることが確認できました!

まとめ:delete_atメソッドを使ってみよう!

以上がdelete_atメソッドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました