【Ruby】オブジェクトのクラスを確認できるclassメソッドについて解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyでオブジェクトのクラスを確認できるclassメソッドについて

  • classメソッドとは
  • classメソッドを使ったサンプルプログラム

と、この記事で丁寧に解説していきます。

解説します。

前提条件

この記事で使っているRubyのバージョンは、2.6.6です。

Rubyのインストールは、下の記事をご参考ください。

classメソッドとは

classメソッドとは、指定したオブジェクトが属しているクラスを返り値として返すメソッドです。

classメソッドは下記のように使います。

classメソッドが返す値と例は以下の通りです。

クラス名 オブジェクトの例
Integer 100
Float 1.52
String テスト
Array [‘hoge’,’hoge’]
Hash {sample:1}
NilClass nil
TrueClass true
FalseClass false
Time Time.now

では、次の章で実際に使ってみます。

classメソッドを解説するプログラムの概要

classメソッドを解説するプログラムでは、

  • 整数
  • 浮動小数点数
  • 文字列
  • 配列
  • ハッシュ

の5パターンでclassメソッドを使い、結果を表示させます。

Rubyサンプルプログラム

実行結果

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

数字10のクラス:Integer
数字1.8のクラス:Float
文字列sampleのクラス:String
配列[1,2]のクラス:Array
ハッシュ{key:1}のクラス:Hash

指定したオブジェクトの通り、クラスの表示が確認できました!

まとめ:classメソッドを使ってみよう!

以上がclassメソッドについての解説でした!

Rubyは変数の型を宣言しないので、今確認している変数が何の型なのか明確にわかりません。
classメソッドは、そんな変数の型を調べたいときに便利なメソッドなので、ぜひ使ってみてください!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました