【Postman】配列データを送るやり方を解説します

Postman

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事ではPostmanで配列データを送るやり方を解説します。

Postmanの基本的な使い方については、こちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Postmanのバージョン 8.6.2

Postmanを使うためのAPI

この記事ではPostmanを使うためのAPIは、【Laravel】で作成しています。
プログラムの内容は以下になります。

このAPIは、クエリ文字列から値を取得し、jsonで返しているAPIです。
リクエストで渡された配列を1つずつ取り出し、文字列として連結しています。

LaravelでAPIの実装とクエリ文字列から値を取得するやり方については、こちらの記事をご参考ください。

Postmanでは【morning】というキーで配列を渡します。

Postmanで配列データを送るやり方を解説

Postmanで配列データを送るやり方を解説します。

やり方は

  • パラメータで渡すやり方
  • Bodyで渡すやり方

という2種類があるので、それぞれを解説します。

その1:パラメータで渡すやり方

パラメータで渡すやり方を解説します。

【Params】タブで以下のように設定します。

KEY VALUE
morning[]
morning[] Mornig

この設定は

の配列と同じ意味です。

【Send】ボタンを押すと、配列として渡せていることが確認できました。

その2:Bodyで渡すやり方

Bodyで渡すやり方を解説します。

【Body】タブで設定します。
【raw】のラジオボタンを選択し、ドロップダウンリストの中から【JSON】を選択します。

中身は以下のように設定します。

【Send】ボタンを押すと、配列として渡せていることが確認できました。

まとめ:配列データを渡してみよう

以上がPostmanで配列データを送るやり方を解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました