【PHP】Composerを更新するcomposer self-updateコマンドを解説します

PHP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事ではPHPのComposerを更新するcomposer self-updateコマンドを解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3

Composerのバージョンを更新するコマンドを解説

Composerのバージョンを更新するコマンドを解説します。

コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。
管理者権限で開く理由は、更新対象のファイル【composer.phar】

C:\ProgramData\ComposerSetup\bin\composer.phar

に格納されているからです。

(※コマンドプロンプトを開く場所はどこでもOKです。)

更新コマンドは

  • 最新バージョンをダウンロード
  • バージョンを指定してダウンロード

で異なります。

最新バージョンをダウンロードしたい場合は

をたたきます。

バージョンを指定してダウンロードしたい場合は

と、ダウンロードしたいバージョンを指定してたたきます。

この記事では最新バージョンをダウンロードします。
コマンドをたたくとすぐにダウンロードが開始されます。
以下のようにDownloading (100%)になれば無事更新は完了です。

もし更新したとき

という警告メッセージが表示された場合、それはComposerをバージョン2に変更せよ、という警告です。
バージョン2へ更新するやり方はこちらの記事をご参考ください。

まとめ:Composerのバージョンを更新してみよう

以上がPHPのComposerのバージョンを更新するコマンドの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました