【Laravel】Requestクラスを新規作成するartisan make:requestコマンドを解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つのLaravelでRequestクラスを新規作成するartisan make:requestコマンドについて丁寧に解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
PHPのバージョン 8.0.3
Laravelのバージョン 8.42.1

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

にプロジェクトを作っています。

LaravelでRequestクラスを新規作成するコマンドを解説

LaravelでRequestクラスを新規作成するコマンドを解説します。

コマンドプロンプトを開きプロジェクトがある場所まで移動させます。

  • コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで移動
  • エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動

のどちらかで移動させてください。
エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動するやり方は、下記の記事をご参考ください。

新規作成するRequestクラスは

プロジェクト\app\Http\Requests

配下に作成されるので、コマンドをたたく前の状態を確認します。

ディレクトリが空であることを確認できました。
初めてRequestクラスを作成する場合、Requestsディレクトリそのものがありません。
が、Requestクラスを作成するコマンドをたたけばディレクトリも同時に作成されるため、Requestsディレクトリを手作業で作成する必要はありません。

では、Requestクラスを新規作成します。
コマンドは、

です。
名前の最後にRequestをつけてください。
この記事では、【SampleRequest】という名前にして、Requestクラスを新規作成します。

コマンドをたたいて、

Request created successfully.

というメッセージが表示されれば、無事にRequestクラスが作成できています。

プロジェクト\app\Http\Requests

の中を確認すると、Requestクラスが新たに作成されていることが確認できました。

ちなみに新規作成されたRequestクラスの中身は↓のようになっています。

まとめ:LaravelでRequestクラスを新規作成してみよう

以上がLaravelでRequestクラスを新規作成するartisan make:requestコマンドの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました