【Ruby on Rails】マイグレーションファイルを新規作成するrails generate migrationコマンドについて解説します

Ruby on Rails

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 Ruby on Railsでマイグレーションファイルを新規作成するrails generate migrationコマンドについて丁寧に解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6
Ruby on Railsのバージョン 6.0.3.6
SQLiteのバージョン 3.32.3

この記事ではRuby on Railsのプロジェクトは

C:\rails_study\sample

に作成しています。

マイグレーションファイルを新規作成するコマンドを解説

マイグレーションファイルを新規作成するコマンドを解説します。

コマンドプロンプトを開きプロジェクトがある場所まで移動させます。

  • コマンドプロンプトを開き、cdコマンドで移動
  • エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動

のどちらかで移動させてください。
エクスプローラーからコマンドプロンプトを起動するやり方は、下記の記事をご参考ください。

マイグレーションファイルを新規作成するコマンドは

です。
このコマンドをたたくと

C:\rails_study\sample\db\migrate

配下に「タイムスタンプ_クラス名.rb」というマイグレーションファイルが新規作成されます。

指定するクラス名は何でもOKです。
慣例として「実行する処理+テーブル名」が多いです。
以下、具体例をまとめました。

実行する処理 クラス名の例
sampleテーブルをcreateする CreateSample
sampleテーブルにカラムを追加する AddColumnSample

この記事ではsampleテーブルをcreateします。
コマンドは

をたたいて下画像のようなメッセージが表示されていれば、無事作成がされています。
Ruby on Railsでマイグレーションファイルを新規作成するコマンドを解説

C:\rails_study\sample\db\migrate

配下を確認してみると、【タイムスタンプ_クラス名.rb】マイグレーションファイルが新規作成されていることが確認できます。
Ruby on Railsでマイグレーションファイルを新規作成するコマンドを解説
マイグレーションファイルは以下の中身で新規作成されます。

まとめ:Ruby on Railsでマイグレーションファイルを新規作成してみよう

以上がRuby on Railsでマイグレーションファイルを新規作成するrails generate migrationコマンドの解説でした!

マイグレーションファイルを実行するにはこちらの記事をご参考ください。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました