【Eclipse】指定した行数にジャンプするショートカットを解説します

Eclipse

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事で、Eclipseで指定した行数にジャンプするショートカットを解説します。

前提:実施している環境

この記事では、以下の環境で行っています。

OS Windows10
Eclipseのバージョン 4.20.0

Eclipseで指定した行数にジャンプするショートカットを解説

Eclipseで指定した行数にジャンプするショートカットを解説します。

ジャンプしたいファイルを開いている状態で【Ctrl】キーと【L】キーを押します。
この記事では、6行目にカーソルが置いてある状態で押します。

すると、【指定行へジャンプ】という画面が表示されます。
この画面でジャンプしたい行数を指定します。
デフォルト値は、現在カーソルがある行数が指定されます。
6行目にカーソルが置いてある状態でショートカットを押したため、この記事では「6」がテキストボックスに設定されています。

テキストボックスに「19」を指定し、【指定行へジャンプ】ボタンを押します。

【指定行へジャンプ】画面が消え、カーソルが指定した19行目にジャンプできたことが確認できました。

ちなみに、MAX行数以上やマイナスの数値を指定すると

範囲外の行番号です

とメッセージが表示され、【指定行へジャンプ】ボタンが押せなくなります。

まとめ:指定した行数にジャンプしたいときはショートカットを使おう

以上がEclipseで指定した行数にジャンプするショートカットの解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました