【コマンドプロンプト】文字コードを変更する方法を解説します

Windows

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事ではコマンドプロンプトで文字コードを変更する方法を多くの画像を使って丁寧に解説します。

コマンドプロンプトの文字コードを変更する方法

コマンドプロンプトの文字コードを変更する方法を解説します。

chcp 【文字コードのコードページ番号】

というコマンドをたたけば変更することができます。
コードページ番号はよく使うもの抜粋して、以下にまとめました。

数字 文字コード名
932 shift-jis
1200 utf-16
20127 us-ascii
51932 euc-jp
65001 utf-8

この番号を指定して、コマンドをたたけば文字コードを変更できます。

では、実際にやってみます。

文字コードが【utf-8】のcsvを用意します。

そしてコマンドプロンプトの文字コードは【shift-jis】です。

コマンドプロンプトの文字コードの確認する方法については、こちらの記事をご参考ください。

typeコマンドを使ってcsvを表示させると文字化けしていることが確認できます。

typeコマンドについては、こちらの記事をご参考ください。

コマンドプロンプトの文字コードを【utf-8】に変更します。

chcp 65001

をたたきます。

たたくと文字コードが変更していることが確認できました。

この状態で先ほど文字化けしていたファイルをtypeコマンドを使って表示させます。

文字化けせず表示されたことが確認できました!

まとめ:コマンドプロンプトの文字コードを変更してみよう!

以上がコマンドプロンプトの文字コードを変更するやり方の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました