【Ruby】rubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 RubyのrubyXLライブラリを使ってエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方について、

  1. エクセルファイル(xlsx)を新規作成サンプルプログラム
  2. 実行結果
  3. 解説

という順番で解説していきます。

rubyXLをインストールするやり方はこちらの記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6
rubyXLのバージョン 3.4.25

この記事ではRubyプログラムは

C:\rubystudy

に作成しています。

エクセルファイル(xlsx)を新規作成サンプルプログラム

このサンプルプログラムは、

C:\rubystudy\sample\aaa

配下に「sample.xlsx」というエクセルファイルを新規作成します。

実行結果

実行前に

C:\rubystudy\sample\aaa

の中を確認します。
RubyでrubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説
中身が空であることを確認しました。

では、エクセルファイルが新規作成できるかを確認します。
Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

RubyでrubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説

正常に終了しました。

C:\rubystudy\sample\aaa

を確認すると
RubyでrubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説
「sample.xlsx」が作成できていることが確認できました。
新規作成できたエクセルファイルを開いてみると、1シートのみのエクセルファイルでした。
RubyでrubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説

解説

サンプルプログラムから大切な点である

  1. requireについて
  2. エクセルファイル(xlsx)新規作成について

の2点を解説していきます。

requireについて

rubyXLライブラリを使う場合

必須の宣言です。
忘れないようご注意ください。

require関数については、こちらの記事をご参考ください。

エクセルファイル(xlsx)新規作成について

エクセルファイル(xlsx)新規作成するために、まず

で、新しいWorkbookを作成します。

では、新しく作成したWorkbookをwriteメソッドの引数に指定されたパスと名前で出力し保存しています。
この記事ではwriteメソッドの引数には絶対パスを指定しましたが、相対パスでも指定することができます。
それぞれのパスについては、こちらの記事をご参考ください。

writeメソッドの注意点として、rubyXLライブラリでサポートされていない拡張子は指定できない、という点です。
たとえば

として実行した場合
RubyでrubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方を解説

とエラーとなります。
writeメソッドに指定するファイルの拡張子にはご注意ください。

まとめ:rubyXLでエクセルファイル(xlsx)を新規作成してみよう

以上がRubyでrubyXLライブラリを使ってエクセルファイル(xlsx)を新規作成するやり方の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました