【Ruby】ファイルを削除するFile.deleteメソッドを解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 Rubyのファイルを削除するFile.deleteメソッドについて

  • File.deleteメソッドとは
  • File.deleteメソッドを使ったサンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6

この記事ではRubyプログラムは

C:\rubystudy

に作成しています。

File.deleteメソッドとは

File.deleteメソッドとは、引数に指定されたファイルを削除し、削除したファイル数を返すメソッドです。
削除したいファイルは、フルパスで指定する必要があります。

File.deleteメソッドのサンプルは、以下になります。

上記を実行すると、引数で指定されているsample.txtは削除され、返り値として1が返ります。

もし存在しないファイルを引数に指定していた場合、

とシステムエラーではじかれます。

では、次の章で実際に使ってみます。

Rubyサンプルプログラム

Dir.pwdメソッドとは、カレントディレクトリを取得するメソッドです。
詳しくはこちらの記事をご参考ください。

実行結果

削除実行する前の状態を確認します。
sampleディレクトリに

  • hogehoge.txt
  • test.txt

が存在していることが確認できました。

では、実行してファイルが削除できるかを確認します。

Rubyプログラムを実行するやり方は、以下の記事をご参考ください。

無事実行が完了しました。
sampleディレクトリを確認します。

指定した2ファイルが削除できていることが確認できました!

まとめ:File.deleteメソッドを使ってみよう!

以上がFile.deleteメソッドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました