【Laravel】Formファザードでテキストボックスを作成するForm::textを解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、10年目エンジニアです。

この記事では、 PHPのフレームワークの1つであるLaravelのBladeビューでテキストボックスを作成できるFormファザードのForm::textを丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境はWindowsで、Laravelのバージョンは【8.10.0】です。

この記事では

C:\Laravel\LaravelSample

配下にLaravelのプロジェクトを作成しています。

Laravelのインストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

Formファザードを利用するには、インストールする必要があります。
インストールのやり方については、以下の記事をご参考ください。

テキストボックスを作成するForm::textとは

Form::textとは、テキストボックスを作成することができるFormファザードです。

Form::textは、下記のように引数を指定します。

第一引数 inputタグのnameに設定したい値を指定
第二引数 inputタグのvalueに設定したい値を指定
ここで指定した値がデフォルト値となる
第三引数 idやmaxlengthなどのオプションを指定
設定が必須ではない

第三引数のオプションはカンマ区切りで

‘キー’ => ‘値’

を[]の中に設定します。

上記の例だと、画面に表示した場合、下の画像のように表示され

HTMLでは、下記のように展開されます。

では、次の章で実際に使ってみます。

Form::textを解説するプログラムの概要

Form::textを解説するプログラムは、

  • Bladeビュー
  • routes\web.php

2つを使います。

BladeビューはForm::textに

第一引数 name
第二引数 デフォルト
第三引数 id:id_name
size:50
maxlength:10

を設定し、画面の表示とHTMLがどのように展開されているかを確認します。
Bladeビューは名前を【sample.blade.php】とし、viewsディレクトリ直下に格納します。

routes\web.phpには、【http://〇〇.〇〇.〇〇:8000/sample】でアクセスした場合、【sample.blade.php】を表示させるように設定します。

sample.blade.phpのサンプルプログラム

web.phpのサンプルプログラム

実行して確認

本当にテキストボックスが作成できているのかを実行して確認します。
Laravelでサーバーを立ち上げるコマンドは

です。
サーバーを立ち上げるコマンドの詳細な説明は、こちらの記事をご参考ください。

  • http://〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇.〇〇〇:8000/sample
    ※コマンドプロンプトに記載されているURL
  • http://localhost:8000/sample

どちらかのURLにアクセスすれば、テキストボックスが作成できていることが確認できます!

右クリックして【ページのソースを表示】を選択しHTMLを確認してみると、指定した通りinputタグが作成できていることが確認できました!

まとめ:テキストボックスを作成するときForm::textを使ってみよう

以上がLaravelのBladeビューでテキストボックスを作成できるFormファザードForm::textの解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました