【JavaScript】===(イコール3つ)の比較演算子について解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 JavaScript===(イコール3つ)の比較演算子について

  • ===(イコール3つ)の比較演算子とは
  • サンプルプログラム

と、丁寧に解説していきます。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10

===(イコール3つ)の比較演算子とは

===(イコール3つ)の比較演算子とは、値と型が完全に一致しているかどうかを比較できる演算子です。
正式名称を厳密等価演算子と言います。

返す真偽値は以下の表にまとめました。

値と型どちらも一致した場合 trueを返す
値と型どちらかが不一致だった場合 falseを返す

たとえば

を比較した場合はtrueが返りますが

だとfalseが返ります。

では、次の章で実際に使ってみます。

===(イコール3つ)の比較演算子を解説するプログラムの概要

===(イコール3つ)の比較演算子を解説するプログラムでは、

  • HTML
  • JavaScript

の2ファイルを使います。

JavaScriptで

  • 値と型どちらも一致の場合
  • 値は一致、型が不一致の場合

のパターンで結果をHTMLに表示させます。

フォルダ構成は以下のようになっています。
===(イコール3つ)の比較演算子を解説するフォルダ構成

HTMLサンプルプログラム

HTMLで外部のJavaScriptを読み込むやり方は、以下の記事をご参考ください。

JavaScriptサンプルプログラム

  • getElementByIdメソッド
  • innerHTMLプロパティ

については、こちらの記事をご参考ください。

実行結果

作成したHTMLをブラウザで開きます。

値と型どちらも一致しているときのみ、trueを返していることが確認できました。

まとめ:===(イコール3つ)の比較演算子を使ってみよう!

以上がJavaScriptの===(イコール3つ)の比較演算子についての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました