【JavaScript】オペランドについて解説します

JavaScript

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 JavaScriptでよく使われる単語の1つオペランドのについて解説します。

オペランドとは

オペランドとは、式で演算子の対象となっているものです。
すなわち、演算子の左右にある変数や数字のことです。
オペランドは被演算子とも呼ばれます。

具体例を2つ書きます。

1つ目は数式で解説します。

という式があった場合
オペランドを解説

  • sample
  • 10
  • 9

がオペランドとなります。

2つ目はif文で解説します。

というif文があった場合
オペランドを解説
if文の条件式の

  • result
  • false

がオペランドとなります。

まとめ:オペランドは演算子の対象となっているもの

以上がJavaScriptのオペランドについての解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました