【XAMPP】ドキュメントルートの確認方法を解説します

XAMPP

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事ではXAMPPドキュメントルートの確認方法を解説します。

前提条件

この記事ではXMAPPは、

C:\xampp

にインストールしたという前提で進めています。

XMAPPのインストールの仕方はこちらの記事をご参考ください。

OSはWindows10を使っています。

そもそもドキュメントルートとは

ドキュメントルートとは、ネットに公開しているフォルダのことです。

ドキュメントルートとは、Webサーバ(HTTPサーバ)やFTPサーバが外部に公開するファイルなどが置かれたディレクトリ(フォルダ)。
そのディレクトリにあるファイルと、下の階層にあるファイルやディレクトリが公開される。

ドキュメントルート(仮想ルートディレクトリ)とは – IT用語辞典 e-Wordsから引用させて頂きました

ブラウザで表示したいファイルは、ドキュメントルート配下に格納する必要があります。
そのためドキュメントルートがどこで設定されているのかを知ることは大切なことです。

XAMPPでドキュメントルートの確認方法を解説

XAMPPでドキュメントルートの確認方法を解説します。
以下のパスを開きます。

C:\xampp\apache\conf

この中の【httpd.conf】というファイルを開きます。

【httpd.conf】は、APACHEの設定ファイルです。
そのため取り扱いには十分注意してください。
不安な方はバックアップをとることをおすすめします。

【DocumentRoot】というワードで検索します。

検索すると

DocumentRoot “C:/xampp/htdocs”

が検索できました!
↑のパスがドキュメントルートだと確認できました!

まとめ:XAMPPでドキュメントルートを確認してみよう

以上がXAMPPでドキュメントルートを確認方法の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました