【Ruby on Rails】Rakeタスクを中断するやり方について解説します

Ruby

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
転職を繰り返し現在4社経験している、11年目エンジニアです。

この記事では、 Ruby on RailsでRakeタスクを中断するやり方について丁寧に解説します。
Rakeタスクを新規作成するコマンドやRakeタスクの基本の実装や実行方法については、以下の記事をご参考ください。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10
Rubyのバージョン 2.6.6
Ruby on Railsのバージョン 6.0.3.5

この記事ではRuby on Railsのプロジェクトは

C:\rails_study\sample

に作成しています。

Rakeタスクを中断するやり方について解説

Rakeタスクを中断するやり方について解説します。

Rakeタスクを中断するには、【next】を使います。
サンプルは以下です。

上記のサンプルだと「Hello」を表示した後nextでRakeタスクが中断されるため、「こんにちは」は表示されません。
実際に上記のRakeタスクを実行し動きを確認します。

Helloのみ表示され、next以降の処理が行われていないことが確認できました。

まとめ:Rakeタスクを中断したいときはnextを使おう

以上がRuby on RailsでRakeタスクを中断するやり方の解説でした!

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました