【Visual Studio Code】拡張機能のRubyを解説します

Visual Studio Code

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事ではVisual Studio Codeに拡張機能の1つのRubyを解説します。

前提条件:実行環境について

実行環境は以下の通りです。

OS Windows10

拡張機能のRubyとは

Rubyとは、Visual Studio CodeでRubyという言語と、そのデバッグサポートを提供する便利な拡張機能です。
この拡張機能をインストールすると

このように予測してくれるとても便利な拡張機能です。
Visual Studio CodeでRubyを扱うときおすすめです。

拡張機能をインストールするやり方は、こちらの記事をご参考ください。

Ruby言語のマークである、宝石のルビーのアイコンが目印です。

Rubyをインストールすると同時に、VSCode Rubyという拡張機能もインストールされます。

この拡張機能は、ざっくり言いますとVisual Studio CodeでRubyを書く場合いろいろ書きやすくしてくれる拡張機能です。

VSCode Ruby
This extension provides improved syntax highlighting, language configuration, and snippets to Ruby and ERB files within Visual Studio Code. It is meant to be used alongside the Ruby extension.

VSCode Ruby – Visual Studio Marketplaceから引用させて頂きました

Google翻訳をすると、以下の意味になります。

VSCode Ruby
この拡張機能により、Visual Studio Code内の構文強調表示、言語構成、RubyおよびERBファイルのスニペットが改善されます。 Ruby拡張機能と一緒に使用するためのものです。

なので、インストールして問題ありません。

まとめ:Visual Studio CodeでRubyを扱うならインストールしてみよう

以上がVisual Studio Codeの拡張機能の1つのRubyの解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました